中同協定時総会

一年間の中同協及び各地の活動の総括を行い、各地の活動の蓄積の中から教訓を引き出し、新年度の活動方針を決定、あわせて予算・決算、新役員を決定する中同協の最高決議機関。参加者は各同友会から選出された代議員として議案の審議を行います。同友会運動の基本方向を検討する場であり、課題を活動方針に沿って深め、その運動化をはかります。 2日間に渡り、昨年度の活動のまとめ、現在の中小企業を取り巻く情勢、今年度の方針について、議案を発表するだけでなく、その実践事例を分科会に分かれて報告を聴き、グループで議論し、学ぶ機会が設けられています。自社の経営課題に対してどうすればよいかを真剣に考えることができる時間です。 2018年度は7月5~6日に宮城県で開催されました。

PAGE TOP